【感染拡大対策済み】東京日本橋に新オープン!アートアクアリウム8/28~

斎藤工さんの音声ガイドが25分600円で追加できるオプションも人気!日本酒を飲みながら生きた芸術鑑賞ができるアートアクアリウムは2020年から常設の美術館になりました。感染拡大対策も万全のアートアクアリウム美術館は浴衣や着物を着た大人のデートスポットにお勧めです。

ミュージアム内にはお酒が楽しめるラウンジもあります。

ミストもあり暑さ対策も万全ですが、お勧めは アフター6入場券 でお値打ちに楽しめるナイトミュージアム。

待ち時間も気分が上がる『アートアクアリウム美術館』の大きなロゴタペストリー。館内の込み具合に応じて入場制限をしています。予約時間の30分ほど前に来るとちょうど良いです。

斎藤工のイケボでデザイナーの想いや背景を深く理解できる音声ガイドがお勧め!25分600円以上の価値有!

斎藤工ファンの方もそうでない方も、このオプションは予約時点で付けておくことをお勧めします。WEB予約だと100円割引されます。音声ガイドが無くても説明文が記載されていますが、音声ガイドなら斎藤工さんと一緒にアートアクアリウム美術館を巡っているような時間を楽しめます。写真を撮るだけじゃなく、芸術を楽しむ大人の時間の過ごし方アイテムにぜひ。

日本酒を飲みながら巡る新しい美術館

富士プレミアムスパークリングウォーター400円(税抜)、澪スパークリング700円(税抜)、COEDOビール700円(税抜)などをキャッシュオンで楽しめます。お酒を片手に生命が宿る芸術を粋に楽しむ、優雅な時間を送れます。

あつまれ!金魚の杜!

正式作品名称、神秘の世界に迷い込む“金魚の杜”。時間ごとに色が変わり、プロジェクションマッピングとともに楽しめます。金魚はもともと上から眺めて鑑賞するものでしたが、金魚鉢が陶器からガラスに替わり、技術の発展とともに鑑賞の仕方も様変わりしていっています。そうした時代や技術の移り変わりも知れる今回の作品は”今”というライブ感を楽しめる作品になっています。

あなたのスマホで切り撮る”生きた絵画”という芸術

世界にひとつとして同じ作品がないから飽きがこない。『生きた芸術』は撮る人のインスピレーションによって様変わりします。あなたのファインダーからはどんな芸術が生まれるのでしょうか。

金魚だけじゃない、アートアクアリウム美術館のみどころ

アートアクアリウム美術館には、金魚以外にも日本の芸術を歴史とともに楽しめる作品があります。煩悩を表現したお面では、人間の感情がアートとして表現されています。ラウンジでは能楽の舞台を前にお酒やデザートを楽しめます。江戸時代の東京都や各地を描いた絵画は当時の日本の様子をうかがい知れます。

東京日本橋で生命の宿る芸術を粋に楽しめるアートアクアリウム美術館詳細

施設名 アートアクアリウム美術館( art aquarium musium)
営業時間・定休日 10:00~22:00 (年中無休) ※最終受付時間は21:30です。
支払方法 クレジットカード・コンビニエンスストア払い
住所東京都中央区日本橋本町1丁目3番9号
アクセス■電車
三越前駅(東京メトロ銀座線・半蔵門線)から徒歩2分
日本橋駅(東京メトロ銀座線・東西線・都営地下鉄浅草線)から徒歩7分
■バス
江戸バス 北循環(停留所:室町二丁目)から徒歩2分
都営バス 東42甲(停留所:日本橋三越)から徒歩3分
その他情報 https://artaquarium.jp/